×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

高齢者・介護施設向けの食事提供用の完全調理済み食材

電話でのお問い合わせはTEL.0770-72-4747まで

(発信元)有限会社グっとサポート

昼食に料理済み食材を利用した場合の必要経費

昼食に調理済み食材を利用した場合の必要経費

例)デイサービスでの食事提供にかかる経費

条件:定員20名、1ヶ月の稼働日25日(日曜日定休)の場合
経費:
約251,000円/月(502円/1人)


経費内訳

(人件費内訳)
調理スタッフ数 : 1名(パート2名のシフト制)
勤務時間    : AM10:00〜PM14:00(4時間)
時給      : 800円 (3,200円/1日)
月間の人件費  : 
90,000円(3,200円/日×25日=80,000円+交通費約10,000円)

捕捉
 調理スタッフは盛付けと後片付けが主な仕事となっており、調理経験の有無に影響され
   にくく、お子様が学校から帰宅するまでの日中のみの仕事を希望する主婦の方がターゲ
   ットとなるため、比較的求人が集まりやすいのが魅力です。

(食材費内訳)※消費税8%含む
おかず     : 238円/1人×20名=4,760円/1日  ※おかず3品構成
ごはん     : 32円/1人×20名=640円/1日  ※お茶碗一杯=150g計算
お味噌汁    : 32円/1人×20名=640円/1日
月間の食材費  : 
161,000円(6,040円×25日=151,000円+調味料など約10,000円)

捕捉 おかず1パックは5人前規格が主流のため食材ロスが発生するケースもありますのでご
   注意ください。


(その他必要経費)
人件費や食材費以外にも、調理器具や調理設備などの初期投資費及び維持管理費がかかります。
減価償却費や将来への修繕及び設備費用も経費として考えておく必要があります。

タイムスケジュール

10:00 ごはんの準備
・洗米し、約30分水に浸してから炊飯
まごの手キッチンの献立
10:40 お味噌汁の準備
・具材の下ごしらえ
・味噌を溶く前まで用意
10:50 食器の準備
・ご利用者数分の全ての食器を用意
食事提供方法
11:00 食材の調理
・加熱調理(湯煎or電子レンジ)
・食材の盛付け
11:40 配膳
・ごはんとみそ汁も盛付け
12:00 食事の開始
・調理器具の後片付け
・おやつの準備
調理済み食材を使った昼食
12:45 後片付け
13:30 完了

捕捉
 20人分であれば、調理スタッフ1理でも作業時間は余裕があるため、空いた時間に食材
   の発注やおやつの準備、事業所内の清掃など食事提供以外のことも行えます。
   ※配膳や食器の引き下げは、介護スタッフに協力いただきます。


まごの手キッチンご利用のメリット

調理済み食材のメリット食事提供にかかる悩みや改善ポイントは、事業所によっても様々です。全てのことに対しご希望に添えるかどうかわかりませんが、現在抱える問題を解決できる手段のひとつとしてご利用をお考えいただければ幸いです。
(ご利用メリット例)
●料理の種類に関係なく調理時間が考えやすい
●専門的なスタッフの確保が不要
●調理スタッフの採用基準の幅が広がる
●コスト計算がしやすい
●味付けなどスタッフにより差が出ない
●栄養価基準が安定する
●疾患者の食事にも対応可能
●調理器具・設備投資費用が抑えられる
●水道・光熱費が抑えられる
●調理時間が短いため、衛生管理の負担が大幅に軽減


デイサービス事業所の食事提供経費の現状と負担軽減のご提案

デイサービスでの食事食事提供の部門単独で考えると、ご利用者様からの昼食代だけでは多くの高齢者・介護施設では赤字経営になっているのが現状です。
今までは通所介護サービスとの総合的にみた利用料から問題視していませんでしたが、2015年4月の介護保険の法改正を受け、今までと同じことをしていては収入が減少することが決定的です。そのため、現在経営内容を見直している事業所が多くなっております。
但し、食事提供は利用者にとっても楽しみのひとつでもあり、施設のアピールポイントでもあるため、コストの軽減を含む大きな改善はむずかしい問題でもあります。
そのような時、まごの手キッチンのご利用で少しでも負担の軽減につなげていただければと考えております。
まごの手キッチンの献立

連絡先お問合せ先

有限会社グっとサポート

〒919-2224
福井県大飯郡高浜町薗部49-33
TEL.0770-72-4747
FAX.0770-72-4750
会社概要
メールでお問合せ
サイトマップ